top




見たこのない普通のたてものを求めて





 



機能的であること


情緒的であること


シンプルであること


誠実であること


変わらないこと


寛容であること


美しいこと


丹精であること


健康であること


発見があること


静謐であること













プロフィール



宇野友明 一級建築士

皆さん私を無口で寡黙で無愛想な人だと思っているよ               
うです。でも、建築の話になると饒舌です。建築と同               
じように実物に会って見ることが大切です。                   




1960   愛知県生まれ
1983   神奈川大学工学部建築学科卒業
1983   長谷部建築事務所勤務
1990   宇野友明建築事務所設立 











インフォメーション



宇野友明建築事務所
一級建築士事務所 愛知県知事登録 第7071号
一級建築士    大臣登録 第202461号
一般建設業    愛知県知事許可 (般-25)第102799号
 

〒464-0032
愛知県名古屋市千種区猫洞通 1-13
TEL 052-783-1213
FAX 052-783-1265
E-mail : arch-uno@muj.biglobe.ne.jp
営業時間 月〜土  9:00 〜 19:00








業務内容



設計から施工、メンテナンスまで責任を持ってさせていただいています。施工に関しては規模や設計内容な
ど状況により柔軟に対応します。予算計画から関係機関との調整や交渉、見積の作成、現場管理、メンテナ
ンスに至るまでサポートします。








資金計画



必要があれば、信頼できる経験豊富な専門のファイナンシャルプランナーを紹介します。圧倒的な情報量と
豊富な経験は必ずご期待に添えるものだと思います。








土地探しから



出来れば、土地探しからお手伝いさせてください。土地選びも家作りの重要な要素のひとつです。予算書も
とに計画的に進めていくことでよりいっそう満足度が上がります。








設計について



設計監理契約以前

この時期は、お互いを知る期間です。まず、予算やご要望をお聞きして予算書を作ります。それを元に構造
や規模、大まかな仕様などお示します。その段階でご契約いただいても結構ですが、まだ不安がある場合は
有償(20万円/案)で案をお作ります。契約に至った場合は、設計監理料からこの分を差し引きます。



基本設計(2ヶ月~)

契約後に基本設計に入ります。この時期は、信頼関係を築く期間でもあります。契約以前にいただいた情報
を元に法律などの諸条件を踏まえて規模や構造、仕様などの図面を作成する期間です。



実施設計・見積り・工事請負契約(4ヶ月~)

主に機能的なことや設備機器などの確認をします。それに基づいて詳細図など見積に必要な詳細図などの図
面を作成する期間です。その後見積をし、調整を行い請負契約となります。








工事について


着工から竣工・引渡しまで


始めに地鎮祭を行います。神主の手配などもします。その後、いよいよ工事のスタートです。職人たちと打
ち合わせを重ね、現場管理を行っていきます。 工事期間中は、品質を確保する為、役所、保障協会などの
各種検査、事務所検査を実施しています。途中必要があれば、現場で工事内容の確認をしていただくことも
あります。役所検査、事務所検査の後に建物・設計図書・確認申請の副本・保証書などの重要書類をファイ
ルにまとめ、鍵とともにお引渡しいたします。その際に担当した工事担当者自ら、注意事項を含めた使い方
などの説明をさせていただきます。




検査体制

確認機関が行う中間検査、完了検査の他に「住宅瑕疵担保履行法」よって第三者機関が検査を行います。ま
た、有料ではありますが、第三者住宅検査 カノムによる検査も可能です。




住宅完成保証制度

完成保証制度は、請負契約を締結した登録時業者が万が一住宅の完成前に倒産等により工事の継続が不可能
になった場合に、住宅あんしん保証が過払金や増嵩費用を保証証書記載の金額を限度にお支払いすること
で、工事の完成を支援・保証する制度です。




まもりすまい保険

「住宅瑕疵担保履行法」とは、第三者機関が検査を行い、お施主さまの住宅が確かな品質であることを確認
する制度です。お引渡し後10年間に万が一、品確法上の瑕疵が発生した場合には、補修などにかかる費用が
保証されています。




引渡後のメンテナンス

竣工後の1年点検はもちろんのこと、その後の補修や改築、改修の相談など専門家としてアドバイスをさせ
ていただきます。




地盤調査と保証

全ての建設予定地において地盤調査を行っています。調査に基づいて詳細なデータや現場写真を添付して報
告書を作成し、適切な基礎工事をご提案します。万が一、地盤の不同沈下により建物が損害を受けた場合、
お引渡しより最長10年間、最高2000万円まで損害費用を補償します。








設計監理料について(2018年4月1日改定)



新築の場合(構造不問)

建設費総額(税別)の 18%(下限は500万円)予算により応相談致します。建築確認申請以外の申請(建
築協定、がけ条例、宅造、フラット35など)の業務が必要な場合は別途費用がかかります。 これらも予算
書の作る段階でご提示します。



増改築の場合

建設費総額(税別)の 20%〜30% 

 


計画や規模、予算により柔軟に対応できるケースもございます。また愛知県外の場合は別途交通費をいただ
く場合がございます。まずはお気軽にお問い合わせください。








Q&A



Q どのタイミングで相談に乗っていただけますか?

A
出来れば資金計画からがベストです。状況によりプロのファイナンシャルプランナーを紹介します。銀行と
の交渉はプロのファイナンシャルプランナーに任せた方がメリットが大きい場合が多いです。手続きなどの
煩わしさもなくスムーズに資金の目処が建ちます。その後の土地探しも我々専門家の知識が大変役に立ちま
す。また、予算書を元に計画的に土地を購入することで最終的な満足度は格段に違ってきます。




Q 設計の相談に持参するものはありますか?

A
事前にヒアリングシートをご記入の上、メールでご返信ください。土地をお持ちの方は、重要事項説明書や
測量図などをお持ちいただければ、より具体的なアドバイスが出来ます。


ヒアリングシートPDF
ヒアリングシートEXCEL


Q どの段階から費用が発生しますか?

A
基本的には基本設計に入る段階で設計監理契約を結んでいただきそれ以降が有償となります。それ以前の相
談の段階は無償とさせていただいています。契約以前に案をご希望される場合は、20万円(税別)/案とさ
せていただきます。また、県外など遠方の場合は、交通費などがかかる場合もあります。




Q 遠隔地の仕事もしますか?

A
もちろん近ければ仕事はしやすいですが、私の建築に興味を持っていただけるのであれば、可能な限り実
現できるよう努力します。交通費や職人の問題などハードルは高いですが、それもひとえにクライアントの
熱意次第です。




Q 低予算でも引き受けますか?

A
予算の有る無しで判断したことはありません。ただ現実的にかなり住み辛くなってしまうほど狭小になる
場合もあるので、これもクライアントの熱意によります。いかなる条件でも一度お問い合わせください。予
算書をもとにご説明させていただきます。