写真と建築

 

ボクはいつからか自分の建築を写真で残し伝えることに限界を感じた。だから、積極的に残してこなかった。写真と建築は共通点も多いが違いも大きい。ひとつは再現性にある。建築はその場にしかない唯一無二のものだ。素材や環境など自然との関係が多ければ多いほどその特異性は増す。だから、建築は体験する以外にない。それは建築家であれば誰もが充分に理解していることだ。しかしながら彼らは皆、多くの情報が失われまた盛られていることを知りながら、諦念と疑念の狭間で我欲と戦いながら自らの建築を写真に納める。それが自らの未来を語っていることを気付きもせずに。ボクは自分の未来を信じたい。失うことも盛ることもなく伝えることはできないだろうか。その模索が今も続いている。