重練られたディティール

ディティールは、小説家が言葉を紡ぎ出すように建築家が形に心を乗せていく方舟だ。職人が作り始める瞬間まで考える。すでに何度も描き直したにもかかわらず、確信が持てないままに終える。一度で決まったことなどない。どんなにキャリアを積んでも、それを合理的に済ますことができない。ただ最近は、どうやらそれには意味があるように思えてきた。ボクはコンセプトを考えるタイプではない。諸条件を元にその時に作りたいもの、浮かび上がったものを衝動的に案にしている。だから、とても感情的、情動的なものだ。当然、同時に生み出るディティールも例外ではない。いわゆる波でいうと荒波の状態。その波を残しながらその時の波を重ねていく。重ねられた波模様は多分に偶然性を帯びる。それを数回繰り返すことで荒波が小波になり凪へと変わる。最終的には当初の案からは想像出来ないような波模様となる。それはボク自身も意図出来ない感情のゆらぎでもあり、情緒でもある。最近はそれこそがボクのオリジナリティーではないかと思えるようになった。